5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

あなたを美白のきれいな顔にする6つの成分

健康・美容

あなたを美白のきれいな顔にする6つの成分
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

お肌の構造

引用はhttp://antiaging-love.com/?p=3448
人間のお肌は多重構造になっているので、その成分がどこの層にどのように
作用しているのかを理解しておくのがいい。
 お肌がみずみずしいとわかく見える。経絡の考え方が東洋にはあるが、経絡は
血液とは異なる体液の流れをいう。それはどこを通っているかというと、真皮の部分を流れている。本山博 博士がその研究を発表されている。(*1)
 コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸と採ることは、ここの部分の
原料を提供していることになる。特に、年をとると、ここの部分の原料を十分
採らないと、再生されない恐れがある。

 では、美肌にもっとも関係しているのはどこなのだろうか?

出典 http://antiaging-love.com

人間のお肌は多重構造になっています。そのため、化粧品の成分がどこに作用しているかを理解しておくのは、重要です。
 よくみずみずしいお肌といいますが、水分が豊富に含むと若々しく見えます。では、水分はどこに含んでいるのでしょうか?東洋医学には、経絡という概念があります。血管とは別に体液(組織間液)の流れがあるということですが、実際にその流れを感じる経絡敏感人ともいうべき人もいたようです。日本では、本山博 博士がこの方面で、微弱電流を流して、この方面の研究では世界的研究がされています。(*1)
では、経絡の流れはどこを通過しているのだろうか?それは真皮です。コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸を摂ることが推奨されていますが、ここの原料の補充をいっているわけです。(もっとも、小腸で分解されたら、どこに使われるかわからないという主張もありますが)

 では美肌にもっとも影響あるのは、どこの部分でしょうか?


コラーゲンは丈夫な繊維状のタンパク質であり、網目状になっています。真皮の
水分を除いた70%がこれです。コラーゲンとコラーゲンをつないでいるのが、
エラスチンです。この隙間を埋めているのが、ヒアルロン酸です。
 繊維芽細胞は肌内部のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの基質を
作る細胞ですが、老化を起こすと、それらの生成が遅くなるので肌の老化が始まります。

メラノサイト(メラニン細胞)

メラニン細胞(めらにんさいぼう、英: melanocyte)は、メラニンを形成する細胞。メラノサイトとも呼ばれる。チロシナーゼを有し、血液からのチロシンからメラニンを生成する。毛母基、脂腺、汗腺、真皮、脈絡膜、虹彩、髄膜、子宮小丘などに出現する。表皮内に存在するものを特に表皮メラノサイトと呼ぶ場合がある。メラニンは紫外線による体細胞の損傷を防ぐ機能を有する。メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)はメラニン細胞のチロシナーゼを活性化させ、メラニン合成を促進する。

出典 http://ja.wikipedia.org

紫外線がメラニンを生成し、お肌のしみやくすみなどの悪影響を与えることは
良く知られています。
美白成分というのは、このメラニンを
 1.生成を抑制する。    2.排泄を促進する。 3.還元する。
等の働きがあるといわれている。
それでは、各成分の働きを紹介していきましょう。

美白成分

美白成分には、実に多くありますが、その中で、厚生労働省認可の有効美白成分があります。
 それは、 ・トラネキサム酸  ・ビタミンC誘導体  ・リノール酸
・アルブミン  ・コウジ酸  ・プラセンタエキス   ・エラグ酸
・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)  ・ニコチン酸アミド
・ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)  ・マグノリグナシ  
・t-シクロアミノ酸誘導体  ・カモミラET
 です。この中より主な6成分について、概説します。 

ビタミンC誘導体

ビタミンCは体にもよいー人間が自ら作り出すことの出来ない必須ビタミンです。Vc(ビタミンC)は還元作用があり、活性酸素抑制作用があります。
 コラーゲンの生成を促したり、メラニンが作られる過程で働く活性酸素を押さえ、シミだけでなく、肌の老化を防ぐ作用があります。
 しかしながら、水溶性であるビタミンCは安定性が悪く、肌に吸収されにくいという欠点があります。そのため、化粧品ではビタミンC誘導体にして、安定性のある角質層に浸透しやすい形にして使われます。3つの種類があります。

・水溶性ビタミン誘導体・・・リン酸とナトリウムを結合させることで、皮膚
 (リン酸アスコルビルMg)  への吸収を高めています。リン酸アスコルビル
              マグネシウムは、水溶性では最も効果があり、
              水溶性では、他にリン酸アスコルビルナトリウム
              、アスコル酸グルコシドなどがある。 
・脂溶性ビタミン誘導体・・・皮脂や細胞間脂質との相性もよい。クリームや
 (テトラヘキシルデカン酸アスコルビル) ジェルに配合されている。高濃度でも刺激少なく
              安定している。長時間作用する。
・新型ビタミンC誘導体・・・ リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付
 (アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチル酸) 加して、新油性のある形にしたもお。角質層
              だけでなく、真皮まで浸透しやすい特徴があり
、             浸透力は、水溶性の100倍と言われている。

ビタミンC誘導体はメラニン生成抑制と排泄を促進するい作用があるといわれて
              いる。

アルブチン

アルブチンはメラニンが出来る際に働く酵素チロシナーゼの働きを阻害することで、シミの原因となる生成を抑制し、シミを防ぎます。
 アルブチンはコケモモやリンゴンベリー、サンタベリー、ウワウルシ、梨などに含まれています。アルブミンは、美白効果が高いハイドロキノンとブドウ糖を結合したものが、アルブチンです。肌への刺激も少なく、安定性もある。
 アルブチンは肌に入ることで、一部が分解されてハイドロキノンによる美白作用も発揮する。

                                                                                                                                                                    

画像:アルファアルブチン原末

出典 http://www.orangeflower.jp

αアルブチン・・・日本の食品メーカーとスイスの企業が共同開発した。その配糖
         化技術で、ハイドロキノンとブドウ糖を結合させた。肌との
         相性がよく、βアルブミンと比べると10倍近く美白効果が
         高いという研究結果がある。
         コケモモや梨などに含まれている。
βアルブチン・・・化学名はハイドロキノンーβーグリコピラノシドという。
         ウルワウルシなどツツジ科のハーブに含まれている。
         αアルブミンと比べると肌との親和性が低いので、効果は
         劣る。皮膚の新陳代謝をケアする化粧品と組み合わせて
         使うのが、よい。

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出された成分で、複数のアミノ酸やビタミン、ミネラルなどを
含んでいる。また、肌の弾力やみずみずしさを保つ働きのある「コラーゲン」や
「ヒアルロン酸」が多く含まれています。胎盤の主な機能が胎児の成長を促すこと
からわかるように、代謝の促進がプラセンタエキスの大きな作用の一つです。
 毛細血管の血流をよくして肌の新陳代謝を促進することで、メラニンを含んだ
古い角質がはがれ落ちるのを促します。このことが、シミやくすみなどを改善する
働きに繋がります。
 メラニン色素生成のもととなるチロシナーゼという酵素を抑制、抑制する働きが
あります。
 プラセンタの種類には、クリニックで行われるプラセンタ注射に使われる人由来
のものと、医薬品や化粧品、サプリメントに使用される豚や馬由来のものがあります。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持つアミノ酸であり、止血剤や抗炎症剤として使用されてきました。また「肝斑」に有効な成分としても使用されてきました。
 「肝斑」とはシミの一種で、目の下の頬骨の高い辺りに左右対象に出来やすく、女性ホルモンの影響によって発生すると言われています。
 プラスミンとは凝固した血液を溶かす物質で、紫外線などにより活性化し、皮膚の炎症や肌荒れを起こす働きもあります。トラネキサム酸は、この活性化を抑えそれによりメラニンの過剰生成を抑制します。他のもと同様、酵素チロシナーゼを分解する作用があります。

 トラネキサム酸だけでなく、ビタミンC誘導体など出来てしまったシミを還元
作用を持つ成分や肌の新陳代謝を促す成分などと組み合わせた化粧品を塗布する
で、さらに効果を発揮します。トラネキサム酸は肝炎には、飲んでも効果が出ると言われています。

コウジ酸

コウジ酸は麹を扱う杜氏の手がなめらかで白いことから、研究が進められてきた。その働きの一つに、メラニンの生成を抑制します。メラニンは新陳代謝により、古い角質とともに排出されますが、ホルモンバランスの乱れや紫外線を浴びることにより過剰にメラニンが作られます。それが排出されにくくなり定着してしまうのが、シミです。
 コウジ酸はその酵素を抑制するとともに、促進する情報伝達物質の生成も抑えてくれます。そのほかに活性酸素や炎症の発生も抑えます。
 また、「糖化」による黄ぐすみにも効果があると言われています。「糖化」とは体内でタンパク質と糖が結びつくこと。この時に作られるAGEs(エイジス)という褐色の物質が加齢により蓄積してしまいます。コウジ酸には抗糖化作用があり、この生成抑えることが出来ます。

 コウジ酸は皮膚科でも使用されています。美白効果の高いハイドロキノンを
使うのが、主流ですが、肌が弱い方には刺激が強いというデメリットがあり、
使えない方にはコウジ酸クリームを処方することもあるなど、シミの治療にも
使われています。


エラグ酸

画像:エラグ酸を含む果物

出典 http://suppleconcier.com

エラグ酸はブラックベリーやラズベリー、イチゴ、ザクロやナッツ類などに含まれる
天然のオリフェノールの一種。ポリフェノールは「抗酸化作用」があり、それによっ
て、活性酸素の働きが抑えられ、細胞の衰えを防ぐことが出来ます。このエラグ酸
は、1831年フランスで発見され、1996年厚労省に認可されました。
 メラニン色素の生成を抑制する効果があります。紫外線を肌が浴びると、チロシ
ナーゼという酵素が活発に働きます。エラグ酸は、チロシナーゼの中にある銅イオンを奪い去ることで活性化を抑制し、チロシナーゼの働きを阻害する作用があります。エラグ酸にはシミの原因となるメラニンの生成を防止しますが、ハイドロキノンに匹敵する美白効果もあると言われています。


美白化粧品の選び方

このように美白化粧品の成分には、様々な効能と特徴があります。従って、
その成分をよく確認して、選ぶことが必要です。
 メラニンの生成を抑制する、排出するなどよく組み合わせることも必要です。
メラニンを還元するというのは、化粧品の役割を超えた治療になってしまいます
ので、医師や医薬品の仕事になります。

 ハイドロキノンには、漂白効果がありますが、医療機関で医師の元で使用され
ます。配合されていたとしても、化粧品内の作用になっています。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ