憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

大問題の「インフルエンザ 大流行」をまとめてみた!

健康・美容

大問題の「インフルエンザ 大流行」をまとめてみた!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

インフルエンザとは

インフルエンザの種類

インフルエンザは「インフルエンザウィルス」によって、引き起こされる感染症です。種類にはA型(香港型、ロシア型)とB型、C型があります。年によって、その流行の型が異なっていると言われます。
 前年の流行を基に、ワクチンを早くから作るのですが、今年は作成が遅れ、年末まで足りませんでした。1月になり、充足されましたが、例年より多い171万人になっていると報道されています。
 その理由として、通常A型がはやり、2月3月になると、B型がはやってくるが、今年はA型だけでなく、B型もはやっているためではないかと言われている。
 インフルエンザのこわいところは、新型のインフルエンザウィルスが現れると、免疫を持たない多くの人にうつる「パンデミック」が起きる可能性があることである。スペインインフルエンザでは、日本でも38万人の死者が出たと言われている。

インフルエンザのかかりやすい人とかかりにくい人との違い

一般的に、予防で言われているのが、予防接種です。その年にはやるインフルエンザとは、品種が異なる場合も多いが、それでも症状は軽減されると言われる。
 手洗い(キレイキレイ等)とうがいもよく言われている対策になる。マスクは勿論である。
 咳をすると、それらの菌は2m近く跳ぶ。そのため、マスクをする場合、正しい方法でセットし、マスクの隙間から、容易に入らないようにするべきである。
 感染症を予防する免疫力の60~70%は腸にあると言われている。腸内細菌もおおいに役立っている。栄養と休養(睡眠時間含めた)を十分とることが、重要である。室内では加湿と換気をよくしていこう。

インフルエンザのハイリスク群について

ハイリスク群とは、かかった場合、重症化する可能性の高いグループです。よく言われるのが、高齢者、乳幼児、妊娠中の方です。その他に、基礎疾患を持つ方もその可能性が高いです。
1.慢性呼吸器疾患(喘息、肺結核等) 2.慢性心疾患(弁膜症、慢性心不全)
3.代謝性疾患(糖尿病)       4.腎機能障害(慢性腎不全、血液透析)
5.免疫機能不全
これらの方は特にかからないように、注意する必要があります。

インフルエンザの症状について

インフルエンザにかかると、よく言われるのが、発熱(38°C以上)である。風邪の症状に加え、関節痛、筋肉痛、倦怠感などがあげられる。発症は急激であり、合併症として、気管支炎・肺炎があげられる。
 しかし、最近では、そんなに発熱がなくても、インフルエンザにかかっている人も
いるので、何かいつもと違う感じた場合、医者に診てもらった方がよい。
 風邪の場合は、熱がないか微熱である。鼻水・咳・喉の痛みなどの症状がある。

かぜと似た症状のRSウィルスにかかった場合、鼻水⇒高熱⇒咳・腹痛と順番に症状が現れる。これは覚えておいた方がいいだろう。他にノロウィルスも怖い。このウィルスについては80°C以上で加熱すると、死滅するようである。病院によっては、この防止のため、加熱した病院食を出すところもあると聞く。

インフルエンザの治療

治療はインフルエンザウィルスの増殖を抑える薬(抗インフルエンザウィルス薬)で治療します。早めに治療することが重要です。熱が下がった3日後でも、40%以上の人にインフルエンザウィルスが残っていることがわかっています。治療開始から最低5日間は、自宅療養が推奨されている。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!